このページの本文へ

神戸での留学を楽しもう!~前編~

  留学生活とはいったいどんな感じでしょうか? 費用が高いイメージがありませんか? ゆっくりと余暇を過ごす時間はあるのでしょうか? 神戸市留学生奨学金の奨学生30人に留学体験について聞いてみました。



なぜ、神戸を留学先に選びましたか?


「私は神戸に来る前、沖縄県で日本語を2年間学びました。日本の都市について何も知りませんでしたが、沖縄に来たきっかけで、日本の都市を知る機会があり、神戸市が一番気に入りました。」
そのとき、沖縄の人に聞いて、神戸はもともと外国人の街で、住みやすいところだと知ったそうです。

「人々がフレンドリーで、物価も比較的低い。」

「日本に留学する前に、日本のいろいろなところを旅行しました。 東京だけでなく、関西にも来ました。そのとき、たくさんの友達ができて、関西に住みたくなりました。その中でも、街がきれいで、雰囲気も明るい神戸を留学先にしたいと思いました。」


日本に来て一番大変だったことはなんですか?


留学は新しい可能性を開くので、いい経験になります。しかし、日本での生活で困ることも少なくありません。

「自分の希望を日本人に伝えることが結構難しいです。ある日、買い物中に店員に声をかけましたが、最初は伝わりませんでした。最終的には伝わりましたが、関西弁で私のアクセントを直してくれました。」

擬音語と擬態語もややこしいそうです。私自身も留学生の気持ちがわかります。確かに、擬音語などは日本語をとてもわかりやすくしますが、一方で言語の勉強を大変難しくしています。

「漢字以外のことは、何でも簡単です!」
これにはみんなが笑いました。多くの留学生が同じように感じているようです。


神戸で好きなところはありますか? 神戸以外に旅行はしますか?


どこに住んでも、お気に入りの場所があると思います。 にぎやかなナイトクラブや静かな公園など。 神戸にも、学生がくつろげる場所がたくさんあります。


「六甲山牧場で遊ぶのが大好きです。羊などを触ると、ふわふわしてとても気持ちいい。素敵なところです。」


「僕は神戸布引ハーブ園が好きで、もう2回行きました。三宮から近いので、みなさんも是非行ってみてください。」


「メリケンパークは神戸ポートタワー、BE KOBEモニュメント等の綺麗なところが多く、写真を撮りたい人も、ただのんびりしたい人も楽しめる場所なので、一番好きな場所です。留学生がもらえる “はっぴぃめもりーパス”で、神戸ポートタワーに無料で入れます。」
*はっぴぃめもりーパスについて詳しく知る

「土曜日はバイトがあるので、日曜日に京都や大阪で行われる学会によく出ます。休日は、姫路、奈良、岡山など関西周辺に友達と旅行しました。いずれも神戸から行くのに便利な場所です。」

神戸市内の大学・大学院に留学する場合、神戸国際協力交流センターが実施する”神戸市留学生奨学金“に学校を通じて申し込むことができます。詳細は、こちらをご覧ください。

後編に続きます